×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

地球温暖化の影響

地球温暖化の影響で各地で被害が出ています。地球が温暖化することで気温、海水温が変化して、海水面の上昇や、降水量の大幅な変化による洪水や渇水などの異常気象が発生しています。また、地球温暖化の影響で生態系にも影響が出ていて、絶滅の危機にさらされている動物も多くいます。
地球温暖化の影響による自然現象の大きな変化は、農業や漁業への影響も大きいために深刻な食糧難も心配されています。ですから地球温暖化の影響は人間生活にも大きな影響を及ぼすことになります。
このまま地球温暖化が進むと、今世紀の終わりごろには平均気温の上昇の影響で世界中のGDPが20%ほど失われる可能性があります。

地球温暖化の防止対策

地球温暖化の防止対策が世界各国で実施されていますが、それぞれの国の事情もあり地球温暖化防止対策の足並みはそろっていません。もちろん、有効な地球温暖化防止対策がとられている事例もありますが、地球温暖化を抑制するところまでは至っていません。ですから温室効果ガスの排出量は年々増加傾向にあります。
地球温暖化の防止のためには世界中の各国が一丸となって地球温暖化を防ぐ対策を進める事が重要です。しかし、地球温暖化の防止対策にはコストが掛かることや、地球温暖化の緩和策に反対する国もあるために、現状では高い効果を発揮できていない状態です。地球温暖化の深刻な脅威はすぐそこまで迫っていますから、京都議定書よりも更なる地球温暖化の緩和策が求められています。

地球温暖化の要因

地球温暖化の原因には自然的な要因もありますが最も大きい地球温暖化の原因は人的な要因です。20世紀後半の急激な産業発展により発生した温室効果ガスによる影響が、地球温暖化の原因として最も大きいといわれています。
地球温暖化の第4次評価報告書では、人類が発生させた温室効果ガスが90%以上の確率で地球温暖化の原因になっている、と報告されました。地球温暖化の原因の温室効果ガスの中でも、二酸化炭素やメタンガスの影響が最も大きいようです。そのほかには排気ガスなどに含まれるエアロゾルやススも地球温暖化の原因といわれています。
一度発生してしまった二酸化炭素などの温室効果ガスは地球の気候や気象、海水に対して100年以上に渡って影響を及ぼすと考えられています。ですから地球温暖化を防ぐためには、温室効果ガスの発生を減らすことが大切です。
----------------------------------------------------------------------------------
地球温暖化の足音
----------------------------------------------------------------------------------
地球温暖化の影響で、過去の平均気温と比べると1℃上昇するなど気温の変化を耳にしますね。
案外、1℃くらい大した変化でないと思われている方も少なくないのではないでしょうか?
気温が1℃高いと言うことは、地球上で距離にすると100Km南下すると言ったらどうでしょうか?
ビックリしませんか?
東京の平均気温は過去から換算すると実に5℃気温が上昇しているそうです。
5℃上昇していると言うことは、距離で表すと500Kmと言うことですから、実に100年前の鹿児島最南端の気温と同等なのです。
具体的にそう説明されると結構驚きますよね?
それでも人類は環境に慣れる性質を持っていますので、気温が1℃や2℃変化したとしても生活自体に困ることはありませんので、まだ「ふうん」と感じるかもしれません。
しかし植物や人類以外の生物にとってはとても敏感に感じる気温変化なのです。
近年では寒い日本海で熱帯魚が確認されたニュースや、本来生息することのない熱帯の動植物が寒い地域で捕獲されることもあります。
動植物だけではありません。
熱帯地域でしか発症しない病原菌も流行してしまう事態にもなりかねないのです。
確実に一歩一歩近付いている「地球温暖化」の足音に、人類が本当に鈍感で環境に慣れている間、地球は刻々と変化し続け、気が付いた時には取り返しがつかない状態になっていると言うことになる様な気がしてなりません。
「地球温暖化」を緩和させるために、今が一番大切な時期であると色々な報告や指摘がされていますが、世界中の人々が意識して緩和策を実行することが求められているのではないでしょうか。
----------------------------------------------------------------------------------
大都市の地球温暖化
----------------------------------------------------------------------------------
地球温暖化が原因で発生する異常気象。
「異常気象」と言われると、大型台風や大雨による洪水、干ばつなど思い浮かべますが、案外身近なところで異常気象は発生しています。
毎年毎年、「猛暑」や「暖冬」と言われていますね。
四季は1年サイクルでやってきますので、去年の暑さなんてあまり覚えていられませんが、安気に考えていては大変なのです。
地球温暖化の主要因である二酸化炭素の大気中濃度。
「環境」とか「地球温暖化」と騒がれていますが、ヨーロッパ諸国と比較して日本はCO2削減に対してあまり対策を行っていません。
石油や石炭の化石燃料を燃焼させることによって二酸化炭素は大量に排出されます。
地球の豊かな植物は二酸化炭素を吸収して、酸素を作り出してくれますが、排出量が多すぎて追いつかない現実と、森林伐採などによる木々の減少により二酸化炭素濃度はどんどん高くなっています。
二酸化炭素の濃度が高い温室効果ガスの中で、気温が上昇し続けることは、ビニールハウスの中で暖房をたいている様なもので、時間と共に温度がどんどん上昇することと同じなのです。
地球の環境は、太陽からの熱もありますので更に気温は上昇する傾向にあります。
現在地球の置かれている状況は、そのビニールハウスの様な状態になりつつあるのです。
特に巨大なビルが密集する大都市の東京や大阪、名古屋に至っては気温の上昇が激しく、地球温暖化の影響が顕著に現れる場所でもあるのです。
----------------------------------------------------------------------------------
地球温暖化4R活動
----------------------------------------------------------------------------------
地球温暖化や地球環境を考えた場合、ごみ処理問題を欠かす事は出来ません。
豊かな植物、生物が存在する地球は、様々な資源があふれています。その資源が無ければ地球上では生きていく事さえ出来ないですね。
一方で、その豊かな資源を利用した製品が開発、生産される度に不要なごみが増え、限られた資源が無駄になっている事実もあります。
ごみを処理すること自体にも資源が必要ですので、二酸化炭素の排出など地球温暖化にも環境にもよくありません。
それに莫大な税金も使われています。
ここ最近になって無駄なごみを排出しない、資源を大切にするリサイクル活動が世界中で活発に行われています。
ごみを減らす事は、環境にも経済的にも非常に有効な今私達が出来ることではないでしょうか?
■4R運動
良く耳にされる3R運動に加え、近年では4R運動を推進しています。
1.リフューズ(Refuse)
「断る」と言う行為です。
スーパーのレジ袋、過剰包装など不必要なものは要りません、と断って下さい。
2.リデュース(Reduce)
「減らす」ことです。
現在ではごみ袋もひとりひとりが購入する時代になりましたね。
ごみを種類別にきちんと仕分けして、又、ごみを減量することはとても大切な行為です。
3.リユース(Reuse)
「再利用」すると言う意味です。
物があふれている現在、すぐに新しいものに買い換えする場合が多いですね。
しかし使えるものはなるべく使用して、仕方ない場合には再利用出来る様にリサイクルしましょう。
4.リサイクル(Recycle)
「再資源化」のことです。
限られた資源を何度も使用することは当たり前ですね。
ごみをしっかり分別しましょう。
----------------------------------------------------------------------------------
地球温暖化原因の森林破壊
----------------------------------------------------------------------------------
「地球温暖化」に大きな影響となっている二酸化炭素の濃度。
その二酸化炭素の濃度に重要な関係を持つ世界中の森林破壊について考えて行きましょう。
地球上において、実に陸地の4分の1は森林にあたりますが、その森林は、二酸化炭素を吸収し酸素を放出し、水を蓄え、大地に栄養を与えます。
しかしその豊かな森林も、あと100年余りで無くなってしまうと報告されています。
今生きている私達は100年後にはほとんどの人が生きてはいませんが、私達の子供、またその子供は間違いなく存在するでしょう。
未来の為に、森林破壊は絶対にあってはならない事なのです。
もう少し具体的に考えていきましょう。
豊かな森林、地球にとって、全ての動植物にとって、私達人間にとって、どの様な役割を持っていると思いますか?
考えている以上に森林には大切な役割があります。
地球上全ての動植物が生きていく上で、最も重要な役割です。
酸素を作り出すこと、栄養の高い水を蓄えること、大地を育てること、食べ物を作り出すことなど、生活の原則となる機能全てに深い関わりを持ちます。
ある程度の森林伐採は生きていく上で必要なのかもしれませんが、それ以上の森林伐採は私達だけでなく、地球そのものを脅かす危険行為なのではないでしょうか。
「地球温暖化」の問題を唱えているのにも関わらず、逆に「地球温暖化」を進めてしまっているのです。
■森林破壊となっている主な原因
・資源としての木材利用を目的に大量の森林を伐採している
・焼畑を目的にした原生林の破壊
・必要以上の放牧や大規模な農地を確保する為の開拓
・レジャー施設、スキー場などを目的にした開拓
----------------------------------------------------------------------------------
フロンガスの回収と処理
----------------------------------------------------------------------------------
オゾン層破壊性質を持ち温室効果のあるフロンガス。
このフロンガスを出来るだけ排出しない様にして、回収することは私達に与えられている責任です。
ひとりひとりが意識して実行する事が求められています。
今現在の世界各先進国では、フロンガスの生産、フロンガスをしようした製品の生産は中止されています。
しかし、この取決めは1995年にされた為、それ以前に製品として生産されたエアコンや冷蔵庫などは、現在もフロンガスを排出し続けてしまっています。
案外最近の製品ですので、世界中ではまだまだ使用していると言うのが現実です。
その製品を廃棄する時にも多くのフロンガスが排出されてしまいますので、不法投棄は厳禁です。
フロンガスを回収、大気中に排出させない様に処理するために、1995年より前に生産された商品を簡単に廃棄する事はできません。
新しく買い換えを行う場合には、粗大ゴミなどで廃棄するのではなく、きちんと電気店に引き取ってもらうことが重要なのです。
家電については「家電リサイクル法」と言う法律が現在では存在します。
フロンガスが使用されている製品は、単にリサイクルして使用されるのではなく、フロンガスの処理もきちんと義務付けられて行われているのです。
家電だけではありませんね。
「自動車リサイクル法」も同様です。
クルマのエアコンにもフロンガスが使用されていましたので、同じ様に処理が必要なのです。
きちんとリサイクル法のお金を支払って、処理してもらう事は私達の義務なのです。
----------------------------------------------------------------------------------
フロンガスの地球温暖化への影響
----------------------------------------------------------------------------------
「地球温暖化」の主要因である温室効果ガス。
温室効果ガスには二酸化炭素やメタンなど様々なものがあげられますが、オゾン層を破壊する性質を持つ「フロンガス」もその一種です。
実は「フロンガス」には二酸化炭素の数千倍と言われる温室効果があるのです。
フロンガスの主な用途としては、その性質から冷却のために世界中で使用されています。
クルマのエアコン、家庭のエアコン、冷蔵庫など様々な冷却機能が必要な製品に使用されていますが、温室効果ガスとして排出され、又、オゾン層の破壊に原因しているのです。
現在はフロンガス自体の使用は禁止されているのですが、古い製品を廃棄する時には大量のフロンガスが放出されるのも事実な様です。
「フロンガス」の性質は空気よりも重さがあるため、オゾン層へはゆっくりと時間をかけて近づいていきます。
一般的に、フロンガス排出からオゾン層へ到達するには20年かかると言われていますが、20年後にはどうなっているのでしょうか?
オゾン層を修復することは出来ない人類としては、出来るだけフロンガスを排出しない様にするしか選択の余地は無いのです。
現在使用されている「フロンガス」に変わる「代替フロン」は、オゾン層の破壊効果が比較的弱いとされてはいますが、フロンガスには変わりは無いと指摘されています。
フロンガスにしても温室効果ガスにしても、私達が今出来る事を確実に実行し、20年後、それ以降の未来を築くことが求められています。
----------------------------------------------------------------------------------
地球にやさしい新材料
----------------------------------------------------------------------------------
地球温暖化に大きな影響を与えるゴミ問題を解決する新材料として開発され、今となっては生活に不可欠となったプラスチック。
しかし不要になったプラスチックを焼却することは、二酸化炭素、ダイオキシンの有害物質を排出することになりますので、逆に地球温暖化の原因となってしまいます。
焼却せずに埋め立てゴミにした場合でも、有害物質は排出しなくて済みますが、広大な埋立地を必要とします。
埋立地がなく、不法投棄など問題になっている事実もありますね。
そんな状況の中、地球にやさしい新材料として開発され、期待されている「生分解プラスチック」があります。
この「生分解プラスチック」は、使用中の機能は従来のプラスチックと同様なのですが、不要となってから廃棄されると土の中、水の中に存在する微生物の働きによって分解されるのです。
廃棄しても自然に還ると言うことは、地球温暖化に影響する様な負荷が生じないと言うメリットがあるのです。
「生分解プラスチック」の原料としては石油と生物資源がありますが、地球環境負荷を軽減する観点から、当然石油原料よりも生物資源(バイオマス)へシフトしている様です。
既に一部で実用化されている製品もありますが、従来のプラスチックの様に硬質プラスチック、軟質プラスチックと様々な種類が研究、開発されています。
現状では耐久性や耐熱性、コスト面で課題を抱えていますが、生分解プラスチックの特性を生かした用途での実用化が推進されています。
----------------------------------------------------------------------------------
地球温暖化の進行
----------------------------------------------------------------------------------
北極圏の状況から地球温暖化は確実に進行していると予測されます。
北極と言えば海上を覆う氷をイメージしますが、地球温暖化による気温の上昇により、その氷の面積は年々減少しているのです。
特に夏の北極における海上の氷面積は、ひと昔である1970年と比べても4分の3にまで減少しています。
これは短い期間で気温上昇による氷の減少がかなり進行している証拠です。
一年を通して気温が高いと言うことは、冬の終わりが早く、また冬が訪れるのも遅くなります。
結果、北極圏が氷で覆われる冬が年々短くなっていきます。
北極圏の夏は現在2週間ほどしかないのですが、地球温暖化の主要因である二酸化炭素の濃度が増え続けて2倍にもなれば、氷は60%も減少すると報告されています。
野生生物の生態、またその変化を調査することで、北極圏の変化や地球温暖化の影響を知ることができますので、WWFではホッキョクグマを衛星で追跡調査しています。
調査の対象になっているのはホッキョクグマの母グマなのですが、その行動から連れている仔グマの状況も分かるそうです。
私たち、そして地球上に存在するすべての動植物において地球温暖化は深刻な問題であるとともに、その地球温暖化は人類による温室効果ガスが引き起こしていることを忘れてはいけません。
人類には温暖化を緩和する責任があるのです。
国、企業、ひとりひとりが地球温暖化の緩和策に真剣に取り組み、一日でも早く効果を出すことが地球温暖化の進行を止める手段なのです。
----------------------------------------------------------------------------------
地球温暖化とホッキョクグマ
----------------------------------------------------------------------------------
地球温暖化によって北極圏では海氷の厚さが約40%も減少したと報告されていますが、北極圏に生息するホッキョクグマにとって、氷が減るとどの様な影響があるのでしょうか?
WWFの調査によると、ホッキョクグマが生息する最南端の地域であるカナダのハドソン湾で、通常より海氷が解けるのが一週間早かった場合、ホッキョクグマの体重は約10キロも減ってしまい、健康状態も悪化していることが報告されています。
又、驚くことにホッキョクグマのメスにおいては、北極圏の気温が1℃上昇するとその体重は22キロも減少してしまう場合もある様です。
ホッキョクグマの習性は春と秋に氷上で狩りを行うので、その氷が減少していることに大きく関係しているのです。
ホッキョクグマの食糧減は氷の下に潜んでいるアザラシなのですが、地球温暖化により北極圏の夏が長期化し、氷が溶けている期間が長くなっている影響なのでしょう。
「地球温暖化」によりホッキョクグマが痩せてしまうことは調査によって明らかになっています。
ホッキョクグマのメスが痩せてしまい、十分な栄養が備わっていないと、そのメスグマから産まれる仔グマにも影響が及びます。
近年の1980年から1992年にかけて、ハドソン湾で誕生した仔グマの生存率は半数以下である44%を示しています。
メスグマは、北極圏に冬が近づくと仔グマを産むために雪洞に巣ごもりします。
仔グマを産んだ後も春の到来まで約100日間何も食べずにその雪洞で過ごし、母乳を与えるのですが、それだけの栄養が必要なのです。
----------------------------------------------------------------------------------
北極圏の地球温暖化
----------------------------------------------------------------------------------
地球温暖化の影響は、北極圏を直撃します。
ヒマラヤや北極圏などの高山地帯では、地球温暖化による気温上昇率が他の地域と比較して非常に高いと言われ、地球温暖化の影響が現れやすい環境下にあるとされています。
第4次報告書(IPCC)では20世紀の100年間の間で平均気温が約0.74℃上昇したと報告されていますが、その数値は地球全体の平均値なのです。
顕著に地球温暖化の影響が現れやすい北極圏で確認すると、その2倍である2℃以上も平均気温が上昇しているのです。
また驚く事実として、北極を覆っている海氷の厚さは例年の約40%近くも減少したと言われています。
北極圏における地球温暖化の影響は、その地域に生息する生態系にまで影響が現れています。
近年良くテレビ番組などでも特集される「ホッキョクグマ」は、絶滅の危機さえあると報告されています。
ホッキョクグマはその名の通り北極圏にしか生息していませんが、今以上に北極圏が暖かくなってしまうと生存していくことが出来ないと言われています。
北極圏に生息している2万頭から2万5千頭のホッキョクグマはその数を減少させていると報告されています。
また国際自然連合(IUCN)での報告では絶滅の危険がある野生生物のリストの「レッドリスト」にホッキョクグマが掲載されています。
人類が排出し続けている温室効果ガスによって地球温暖化が進行し、野生生物を絶滅させてしまう現実を重く受け止め、早急な緩和策を実行することが必要なのです。
----------------------------------------------------------------------------------
地球温暖化における異常気象
----------------------------------------------------------------------------------
「地球温暖化」現象は様々な異常気象を誘発します。
まずは降水量の長期的な傾向を考えていきましょう。
過去10年間に北半球の中緯度から高緯度にあたるほとんどの陸地において、降水量は0.5%から1%増加しています。
逆に北半球の亜熱帯地域の降水量は同じく10年間に0.3%減少しています。
20世紀後半になると、北半球の中緯度から高緯度にあたる地域では、大雨が発生した頻度は2%から4%も増加しています。
今後も地球全体の地域において「地球温暖化」に影響のある水蒸気と降水量は増加傾向にあると予測されています。
干ばつや豪雨をもたらすエルニーニョ現象は、特に新しい気象状況ではありませんが、やはり過去100年間と比較して、1970年以降は発生頻度が高く、また一度発生するとその現象が長期化する傾向をみせています。
エルニーニョ現象とは熱帯東太平洋で、海水の温度が平年と比較して0.5℃以上高い状況が継続する気象状況を指しますが、近年のエルニーニョ現象は海水温の上昇幅がより高くなっています。
エルニーニョ現象の反対に、海水温が0.5℃以上低い状態をラニーニャ現象と言いますが、このラニーニャでは大きな異常気象はさほど発生はしません。
近年の予測では、21世紀中に気温の上昇、大きな範囲、地域での大雨、豪雨の増加、中緯度にあたる地域での夏季渇水、大型台風、熱帯低気圧の最大風力、降水量の増加などの異常気象現象が発生するとされています。
----------------------------------------------------------------------------------
工業、産業界の温暖化対策
----------------------------------------------------------------------------------
「地球温暖化」の緩和対策は工業、産業界においても促進されています。
世界規格であるISO14001の取得、環境会計導入、ゼロエミッション実施、環境関連の情報開示など様々な活動が行われています。
工業、産業界において、環境推進活動は取引条件にもなっている場合も多いのです。
日本経済団体連合会は、1991年に地球環境憲章を発表し、地球温暖化に対する行動指針を示しました。
又、1997年に業種ごとに環境自主行動計画を公表しているのです。
「地球温暖化」の緩和策、対策に様々なものが挙げられますが、その行動は早ければ早いほど高い効果が得られます。
今の状況からすると、本当にすぐ行動を興さなければならないのです。
日本国におけるCO2の排出量は1990年以降増加傾向にあります。
驚くことに2001年のCO2排出量は、1990年と比べて8.2%も増加しています。
CO2総排出量の約5分の1は、運輸部門の排出量にあたり、1990年と比較して22.8%と群を抜いて高い増加傾向にあります。
企業におけるオフィスなどのCO2排出量も多く、全体の排出量の15.5%を占めます。
同じく1990年と比較すると30.9%の増加率にあります。
様々な緩和活動を行い、製造業、建設業、鉱業の排出量は1990年と比べ減少はしているものの全体の排出量の約40%を占めているのです。
各界での更なる効果的な緩和策の実施が必要不可欠でもあり、期待されています。
----------------------------------------------------------------------------------
私たちにできるCO2削減−2
----------------------------------------------------------------------------------
CO2の削減はほんの少しの気遣いで実施出来て、ひとりひとりが行うことで大きな効果に繋がります。
1.お風呂の残りのお湯を洗濯水などにする。
お風呂の残り湯は栓を抜いて流さずに、洗濯水や庭の草木の水やりにしましょう。
トイレの水に使用されている人も居るようです。
効果としては年間約7kgのCO2削減、経費的には約4,000円の節約になります。
2.ポットの保温を止める。
お湯を使用しないのに夜中じゅう保温しておく必要はありません。
又、ジャーの保温も同様です。
冷ごはんにしておいても電子レンジで「チン」した方が電力は少なく済みます。
効果は年間約35kgのCO2削減、経費的には約2,000円の節約になります。
3.家族団らんでエアコンや照明の使用を2割減する。
別々の部屋で家族がバラバラにエアコンや照明を使用するともったいないです。
効果としては年間約240kgのCO2削減、経費的にも約10,000円の節約になって大きな効果となります。
4.買い物袋を携帯する。
レジ袋を減らすことでゴミの削減になります。
資源の節約にもなりますが、効果としては年間約60kgのCO2削減となります。
最近はレジ袋も一袋5円ほどお金がかかる場合もありますので若干ですが経費節約にもなります。
5.今よりも1日1時間テレビを消す。
特別見たくないテレビがつけっ放しになっていますね。
意識して消すだけで、年間約15kgのCO2削減、経費的にも約1,000円の節約の効果が得られます。
----------------------------------------------------------------------------------
私たちにできるCO2削減−1
----------------------------------------------------------------------------------
「地球温暖化」を緩和する為、私たちに出来るCO2削減を意識して行いましょう。
少しもったいないと思うことと、気遣うことで習慣となります。
1.エアコンの温度を冷房は1℃高く、暖房は1℃低く設定する。
近年はクールビズやウォームビズも導入されていますが、皆が意識して冷暖房を調節することが必要です。
効果としては、年間約30kgのCO2削減、経費的には約2,000円の節約になります。
2.週2日、車の運転をやめてバス、電車、自転車に変える。(8km換算)
通勤、買い物などに車の使用をやめてバス、電車を使用、又は体のために自転車を使いましょう。
効果としては、年間約180kgのCO2削減、経費的には約9,000円の節約になります。
3.車のアイドリングストップ。(1日5分)
駐車時や長時間停車する場合は、車のエンジンをストップします。
効果としては年間約40kgのCO2削減、経費的には約2,000円の節約になります。
4.家電製品の待機電力を50%削減。
家電製品の主電源をオフにして、又、長時間使用しない場合はコンセントを抜きます。
コンセントを抜く行為は、チリや埃がたまって火事になる危険性も低下させます。
効果としては、年間約60kgのCO2削減、経費的には約3,500円の節約になります。
5.シャワーの流しっぱなしを1分減らす。
体を洗っている時や歯を磨いている時にお湯を止めましょう。
家族全員で行えば効果として年間約70kgのCO2削減、経費的には約7,000円の節約になります。
----------------------------------------------------------------------------------
温室効果ガスの内訳
----------------------------------------------------------------------------------
「地球温暖化」現象の直接原因と予測される温室効果ガスの増加。
中でも二酸化炭素の排出量増加がその多くを占めますが、二酸化炭素(CO2)の一人あたり排出量が多い国の順番にアメリカ、オーストラリア、カナダ、ロシア、ドイツ、イギリス、日本と続きます。
過去20年間で大気中に二酸化炭素の濃度を増加させた内訳として、その4分の3以上の大半は石炭、石油などの化石燃料の燃焼と報告されています。
一人あたり排出量を見ても分かる様に、工業、産業の進んでいるアメリカ、ロシアや日本などの「先進国」が大きな割合を占めており、「地球温暖化」緩和への重い責任を担っているのも分かります。
先進国の一人あたり排出量は、発展途上国の排出量を大幅に上回っているのです。
しかし発展途上国においても、現状では一人あたりの排出量は少ない傾向にありますが、産業、経済発展と比例して急速に増加しつつあるのです。
世界中どの国においても経済の発展と、温室効果ガスの排出を抑制する「両立」したシステムを形成することが必要なのです。
温室効果ガスは、二酸化炭素の他にもメタン、一酸化二窒素、フロンなどが挙げられます。
■メタン
メタンの排出原因の半分以上が化石燃料の燃焼や、埋め立てなどの土地開発が原因と報告されています。
メタンの大気中濃度も1750年から150%増加傾向にあり、現在も進行中です。
■フロン
フロンは皆さん良くご存知と思いますが、オゾン層を破壊する性質を持っています。
----------------------------------------------------------------------------------
二酸化炭素の濃度
----------------------------------------------------------------------------------
地球温暖化の主要因である温室効果ガスの増加。
世界中で様々な緩和策を推進していますが、残念ながらまだ増加傾向にあるようです。
ひと口に「温室効果ガス」と言ってもその種類は様々です。
温室効果ガスの種類別に地球温暖化への影響度を調べると、二酸化炭素が60%、メタンが20%、一酸化二窒素が6%、オゾン層を破壊するフロン類、ハロンが14%とされています。
この結果から産業発展に不可欠である石油、石炭など化石燃料の燃焼で排出される二酸化炭素が地球温暖化に最大の影響を与えていると言えるのです。
二酸化炭素の濃度は、産業革命前の1750年には280ppmとなっていますが、近年の2005年では379ppmと35%も増加しています。
様々な観測や過去予測の結果から、過去2万年で最大の増加率と報告されています。
このまま地球温暖化が進むと2100年頃には1750年と比較して2倍〜3倍まで増加すると予測されています。
二酸化炭素を排出している量が最も多い国はアメリカで、年間50億トン以上を排出していると報告されています。この数値は全世界の24.4%にあたり、アメリカの二酸化炭素排出量を削減することで大きな効果が得られるでしょう。
日本の二酸化炭素排出量はアメリカの約4分の1以下となりますが、それでも世界第4位と排出量の多い国なのです。
人口比率の切り口から見てもアメリカは一人当たり排出量が最も多く、日本の約2倍、中国の約9倍、インドの約18倍と報告されています。
----------------------------------------------------------------------------------
地球温暖化のメカニズム
----------------------------------------------------------------------------------
「地球温暖化」の原因であるとされている「ガス」には様々な種類があります。
そのなかでも「二酸化炭素」は最も地球温暖化への影響が大きいガスに当たります。
化石燃料の使用が産業革命以降増え続け、その結果、大気中に含まれる二酸化炭素量も増加しているのです。
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、このまま地球温暖化が進むと約90年後の2100年には、平均気温が1.8℃〜4.0℃上昇すると発表しています。
地球温暖化に影響を与える温室効果ガスの排出量が最も少ない場合でも1.8℃、逆に最も多かった場合が4.0℃としているのです。
■地球温暖化メカニズム
「地球温暖化」とは皆が耳にして、ゴミの分別や節電、再利用など様々な緩和策を行っている現在ですが、そのメカニズムを説明できるでしょうか。
現在、地球全体の平均気温は14℃前後です。
これは人類が存在する重要な数値でありますが、もし大気中に二酸化炭素やメタン、水蒸気などの温室効果ガスが全く含まれていなければ平均気温は何度になるのでしょう。
その数値はマイナス19℃位とされています。
私たちに暖かい日差しを与えてくれる太陽の光は、地球における大気を素通りして地面を暖めてくれます。
それによって地表からは熱が放射されますが、その熱を温室効果ガスが吸収して大気を暖めてくれているのです。
温室効果ガスが人類に必要なガスであると言うことは分かって頂けたと思います。
しかし近年の産業活動の活発化により、二酸化炭素、メタン、フロンなどの温室効果ガスを大量排出する様になりました。
大気中の温室効果ガスは自然値よりも濃度が高くなり、熱の吸収量が増加しました。
結果、気温の上昇につながり「地球温暖化」となっているのです。
----------------------------------------------------------------------------------
地球温暖化への投資
----------------------------------------------------------------------------------
「地球温暖化」における個人や民間レベルでの緩和策や企業努力などが促進していますが、より緩和技術を普及させるために、現状よりも更なる積極的な投資、政策を行う必要性が様々な報告書により指摘されています。
温室効果ガスの排出に何らかの影響を与えると言われている炭素や啓蒙の有効性も指摘され、具体的には下記の様な政策が挙げられます。
■新技術の開発、普及
再生可能エネルギー、また新しいエネルギー源など新技術の開発資金を増額し、世界中に普及することが必要です。
■炭素プライシング
法律や条例を策定し、直接規制や削減義務を課すことが必要とされています。
(炭素税、国内排出証取引や排出権取引など)
■啓発
私たち民間へ更なる啓発活動を行う必要性も指摘されています。
ひとりひとりが緩和策を進めることで大きな効果が得られます。
■国際的な協力活動
発展途上国に対する排出量削減の支援が必要とされています。
このように「地球温暖化」を抑制するためには、現在よりも何倍も何十倍も努力や投資、対策が必要と言われています。
現在進行している対策や政策も有効的ではありますが、「地球温暖化」の影響は世界規模で広い分野、広い範囲に及びますので、根本的な対策である温室効果ガスの排出量を削減する緩和策の開発が必要不可欠な課題となっています。
国ごとに対策進行状況は異なりますが、世界全体では温室効果ガスの排出量はまだまだ増加傾向にありますので、世界中で大規模な緩和を目指し、日々努力しています。
----------------------------------------------------------------------------------
地球温暖化の有効な緩和策
----------------------------------------------------------------------------------
「地球温暖化」に対して人類は様々な政策や緩和策を施していますが、残念ながらその効果は温室効果ガスの発生量を抑制するまでには至らない状況にあります。
しかし幾つかその有効性が認められ、対策促進する傾向にもありますので、ひとりひとりが、国全体が、世界中が地道に対策を施すことが必要です。
有効性が認められている様々な緩和策。
■エネルギーの供給
発電、発熱、動力などのエネルギー源の効率化改善、小規模で分散型のエネルギー源の導入、再生が可能なエネルギー源の普及などが有効であるとされています。
しかし企業努力や国単体での努力では限界もあるので、エネルギーの供給システムを全体的に見直すことも必要と指摘されています。
対策が最も必要とされている10年〜30年の間での開発、導入は厳しいと予測されますが、高速増殖炉や核融合エネルギー、宇宙太陽光発電などへの期待もされています。
■省エネルギー
電力、水、ガスなどエネルギー消費量が少ない製品や設備への更新、不必要なエネルギー消費量の削減、省資源など様々な緩和策が有効です。
■再利用
鉄鋼、プラスチックのリサイクルや廃棄物の熱利用、廃棄物発電など廃棄物のエネルギー有効活用が行われています。
■炭素の固定
植林、森林伐採の抑制や水資源の管理、二酸化炭素を吸収しやすい作物への変更など炭素吸収量を増加させる様々なものが有効であるとされています。
■生活
私たち民間レベルでの活動も有効であり重要です。
3R、4R、5R、節水、節電など行える緩和策は身の周りに沢山あります。
----------------------------------------------------------------------------------
地球温暖化の緩和
----------------------------------------------------------------------------------
迫りくる「地球温暖化」の対策は、温暖化を「緩和」させることと、温暖化への「適応」をする二通りに分類されるでしょう。
現在世界中で地球温暖化への「緩和策」が、国レベルの政策や、ひとりひとりの自主的な努力によって進められています。
その幾つかは「緩和」への有効性が認められています。
現状はその政策や努力の効果を持ってしても「地球温暖化」を「抑制」するまでには全く足らない状態で、温室効果ガスの排出は増え続けています。
しかし人類が持つ様々な緩和策を有効的に組み合わせることで、今後数十年の間に排出量の増加を抑制し、現状を下回る排出量にすることは、経済的にも可能と言われています。
世界的には「今後2、30年の間に行う緩和策が大きな影響力を持つ」「早期に行う気象変動の対策利益は、そのコストを凌駕する」と言われ、世界中で現在よりも更に強力な緩和策が必要と報告されている。
第4次報告書では「地球温暖化」の鍵を握るのは、現在施している緩和策が全て定着した後の、温室効果ガスの濃度とされています。
少しでも早く対策、緩和策を施し、温室効果ガスの排出量を削減することで、安定時の濃度を低くすることが可能なのです。
また温室効果ガスの濃度は、平均気温の上昇量にも大きく関係すると言われています。
世界中の発電、発熱、動力エネルギー、運輸、省エネなど広い分野での早期対策が必要で、現在から10年〜30年位の間の努力が「地球温暖化」に決定的な影響を与えるとされています。
----------------------------------------------------------------------------------
地球温暖化 生態系への影響
----------------------------------------------------------------------------------
「地球温暖化」における気象への影響は様々なものがありますが、海洋、社会性、生態系にも影響が及びます。
■海水温や海洋循環への影響
地球規模で気温が上昇することに伴い、当然海水温も上昇します。
普段暖かい海でしか回遊しない魚が寒い海で捕獲されたニュースもここ最近良く耳にします。
海水温の上昇に伴い、次の様な影響が心配されます。
・海洋生態系の変化。
・気温と同様に水温の変動する幅が拡大し、異常な水温減少の増加。
・太平洋の熱帯域でエルニーニョ現象が増強。
・大規模な海流の変化
■自然環境や生態系への影響
「地球温暖化」は生態系への影響も懸念されています。
・生物によって生息域が変化する。
・生物によっては絶滅する可能性の向上。
・サンゴ礁の白化、北上や南下。
■社会への影響
非常に身近で怖い話ですが、人類や社会においても以下の様な影響が懸念されています。
人類が「地球温暖化」の原因に大きな影響を与えていることはほぼ間違いないですが、
・大型台風や集中豪雨など異常気象の増加による人的、経済的被害
・大幅な気温変化による生活環境の変化や健康への影響
・マラリアなど感染症の拡大
・水資源のひとつの雪解け水の枯渇
・水資源や食料不足による難民の増加や大規模的な移住が発生
・温暖化による農業の食物不作や漁業への影響で食糧不足となる
日本は食糧の約60%を海外からの輸入に頼っている為、国外での食糧難や価格高騰の影響を受け易い状況下にあります。
----------------------------------------------------------------------------------
気象状況への影響
----------------------------------------------------------------------------------
「地球温暖化」における気象への様々な影響が観測されています。
世界各地で「異常気象」の増加、気候に与える影響は「気候の極端化」と表される場合もあります。
「地球温暖化」の影響で気圧配置が変化し、従来とは異なる気象現象が発生しているとされています。
問題定義されている気象現象だけでも、偏西風の蛇行による異常気象の増加、日本の気候にも影響を与えると言われています。
アメリカ東部、南東部における海水温の上昇により竜巻が多発、又、世界中で寒い日が減少し、暑い日が増加。
気温は昇温傾向となります。
干ばつ地域の増加、熱波や大雨の発生率増加、大型化した台風の発生、高潮の増加など様々な影響が予測されています。
■降水量の変化
気象の予測は難しく異論もありますが、降水量に関しては下記の様な予測がされています。
・大気の水蒸気量が増加し、平均降水量が増加する。
・降水量の変動する幅が広がり、集中豪雨や逆に干ばつの増加。
・熱帯雨林地帯の崩壊。

■海水面の上昇
気になる海水面の上昇ですが「地球温暖化」により、気温が上昇すると、当然氷床や氷河の融解が加速されます。
海水量が増えるため、海面の上昇が発生するのです。
近年の報告では海面の上昇要因は熱膨張による寄与が大きく、次いで氷河と氷床の融解が影響とされています。
どちらも温暖化により発生していると言えます。
日本の沿岸部では年3.3mmの上昇が観測されているそうです。
海水面が上昇すると具体的にどんな影響があるのでしょうか?
・汽水域が必要なノリ、カキ、アサリなど沿岸漁業へのダメージ
・沿岸部の堤防、排水ポンプなど対策設備投資。
・地下水へ塩分が混入し、生活用水、工業、農業などへの影響
----------------------------------------------------------------------------------
地球温暖化の原因
----------------------------------------------------------------------------------
環境に対する配慮や取組みは私達の生活にも密着した形で表れていますので、今や誰もが「地球温暖化」に対する認識を持ち、活動をしています。
では「地球温暖化」は、何が原因となっているのでしょうか?
世界中で注目されている「地球温暖化」は、まさに人類の存続にかかわる内容でもある為、様々な議論が行われています。
「地球温暖化」の原因として最も主流な説は、私達人類が発展する為に行ってきた産業活動に伴い、「温室効果ガス」を排出したことによるものです。
「気候変動に関する政府間パネル」により発行されているAR4(第4次評価報告書)によれば、人類が発生させた温室効果ガスが「地球温暖化」の原因という確率は、90%を超えるとされています。
このAR4(第4次評価報告書)は、現在最多の学術的知見を集約したものであり、又、世界的に認知された報告書であります。
よって「地球温暖化」の原因に関係する議論が実施される場合、この報告書が主軸となっています。
しかし温暖化の原因解析には世界中至る所での気象観測データと、膨大な計算が必要となります。
計算には気温を直接観測したデータと、過去数万年の気温推定データなどを使用し、多様な気候モデルで解析が行われます。
解析の結果としては、やはり「地球温暖化」の原因として温室効果ガスの一種である二酸化炭素、メタンなどの影響が大きいとされています。
他には人類の土地開発、エアロゾルの使用など様々な原因があると推定されています。
----------------------------------------------------------------------------------
近年の気温変化
----------------------------------------------------------------------------------
「地球温暖化」とはその名称通り、地球全体の気温が上昇し様々な影響を与えるものですが、過去の気温に比べ実際に気温が上昇しています。
地球表面における現在の大気や海洋の平均温度は、1896年から1900年の5年平均値と比較して、0.75℃暖かくなっています。
過去1000年から2000年前の間では、地球における地表の気温は、温暖期や小氷期などの変動はあったものの、比較的安定していた状態が続いていました。
しかし近年の温暖化は、過去に例を見ない上昇を続けているのです。
「地球温暖化」が唱えられて20年程が経過していますが、人類が発展する為に発生し続けてきた温室効果ガスが地球の環境を崩し、温暖化に向かわせていることは今や誰もが知る事実なのです。
過去の気温の測定手段としては、自然界のプロキシを使用して復元されますが、同時に地球規模で最新計測機器を使用した気温の直接的な観測を1860年頃から始めていますので、過去50年位は詳細データも揃っています。
又、1979年から、対流圏温度を衛星観測すると言う最新技術を駆使した観測も行っています。
この様な詳細測定データや過去の気温推移からも「地球温暖化」が進んでいることは間違いなく、年々気温が上昇していってしまう予測にも信憑性があります。
やはり、ひとりひとりが出来る事をすぐに実行し、又、政治や企業などの組織的な活動、国全体での活動、世界共通した活動が今最も必要なのではないでしょうか?
----------------------------------------------------------------------------------
地球温暖化の歴史
----------------------------------------------------------------------------------
「地球温暖化」に関係する歴史を参考に考えていきましょう。
あまり聞きなれないと思いますが、地球の気温に関しては1980年代前半までは、「地球寒冷化」と唱えられていました。
しかし「地球寒冷化」には根拠が乏しく、数々の学者が科学的に調査するに従い「地球温暖化」となっている事が判明したのです。
実は一般人の間でも「地球寒冷化」の説が広まっていましたが、1988年アメリカ上院公聴会で、「近年の暑い気象は、地球温暖化と関係していることが正しい」と発言されたことにより、「地球温暖化」説が世間一般に広がり始めました。
国際政治においても、1992年6月に行われた「地球サミット」(国際連合会議)で、気候変動枠組条約が採択されて以降、定期的な会合の場が設定されることになったのです。
気象観測技術や研究が進むにつれて、地球が温暖化に向かっており、人類が排出する温室効果ガスが重要な影響を与えていることが世界中で合意されていきました。
この合意は2001年の第3次評価報告書、2007年の第4次評価報告書などによって集約され、現在では「地球温暖化」提起から約20年の時を経ていますが、国際的な対策、対応は必要不可欠なものと認識されています。
「地球温暖化」の主要因である温室効果ガスの削減義務としては、「京都議定書」が世界的に最も大規模なものになります。
1990年代から京都議定書の目標達成に向けて様々な国々で温室効果ガスの削減が行われてきました。
しかし、欧州では削減は順調に進んでいますが、日本では削減義務が未達成となる情勢になってしまっています。
----------------------------------------------------------------------------------
京都議定書の発効
----------------------------------------------------------------------------------
「地球温暖化」を抑制するために議決された「京都議定書」の発効条件は、以下にあげる両方の条件を満たしている必要があります。
1.55ヶ国以上の国が締結している。
2.附属書I国の1990年二酸化炭素の合計排出量が、全附属書I国の合計排出量の55%以上。
「2.」の条件については、世界最大と言われる二酸化炭素の発生国アメリカ合衆国が、国内の事情によって締結を見送っているのです。
尚、経済成長、発展をする為には、相当する二酸化炭素の排出はやむを得ないと考えられた為、発展途上国における自発的な参加は見送られました。
ロシア連邦も当初は受入を見送っていましたので、「京都議定書」は2004年まで、発効されていない状況にあったのです。
先進諸国の中で、又、世界最大の二酸化炭素発生国のアメリカ合衆国が、「京都議定書」から離脱していることは、「地球温暖化」を無視した自己経済利益のみの考えであると世界中から非難されています。
一方で「京都議定書」そのものが、欧米諸国の政治的圧力であると言う声もあがっていますが、本来は「地球温暖化」と言う問題に対し、全世界共通認識で目標をしっかりと持ち、取組む事が必要なのですが。
近年の進捗では、オーストラリアも当初離脱していましたが、政権交代を期に2007年12月3日に批准しました。
先にも述べましたが「京都議定書」は、ロシア連邦が2004年に批准したことで、2005年2月16日に発効しました。
----------------------------------------------------------------------------------
京都議定書の議決内容
----------------------------------------------------------------------------------
「地球温暖化」を抑制するための国際的枠組みである「京都議定書」で議決されている内容としては、その原因となる温室効果ガスの削減率を各国別に具体的に定めてあります。
温室効果ガスの二酸化炭素、メタンガス、亜酸化窒素、六フッ化硫黄、ハイドロフルオロカーボン類などの削減を、約束されている期間内に削減達成することが求められているのです。
「京都議定書」で設定されている世界各国の温室効果ガスの削減目標は、2008年から2012年までの期間中、温室効果ガス6種類の排出量を、基準年とされている1990年と比べ、最低でも5%削減することを求めています。
■92%(−8%目標)
イギリス、オランダ、オーストリア、スイス、ブルガリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、チェコ、リトアニア、ルクセンブルグ、モナコ、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデンなど
■93%(−7%目標)
アメリカ合衆国(残念ながら離脱)
■94%(−6%目標)
日本、カナダ、ハンガリー、ポーランド
■95%(−5%目標)
クロアチア
また、「京都議定書」が策定される前から技術的な対策に依存するのではなく、化石燃料を使用しない方法で化石燃料の由来排出量を減少させてきた北欧諸国などは「京都議定書」の目標値が緩く設定されています。
世界各国が目標達成する事は「地球温暖化」の緩和にとって不可欠な条件となります。

Copyright © 2008 地球温暖化を防ぐことを考える